カンボジアの協力工場へレインコートを寄付いたしました。

カンボジアの工場で働くスタッフは通勤の行き帰りには自宅の近くから工場までトラックの荷台に立って通勤をしています。
雨季の通勤時は彼らは、ずぶぬれになりながら1時間、2時間と荷台の上に立って行き帰りをしなければなりません。
その様子を見たとき、少しでも雨をしのぐものがあればと思い、ビニールレインコートを皆に着てもらいたい・・・と、
約1200名の工員全員に寄付させて頂きました。

写真は2016年1月の進呈式の様子です。1月はまだ乾季ですので雨は少ないですが、4月頃からの雨季に少しでも役に立てればと思います。